オーガニックなもの、専門レストランやオーガニックの食材など目にされるでしょう

スポンサードリンク       プライバシーポリシー



オーガニックなものを、何か普段の生活に取り入れていらっしゃいますか。

近年では専門レストランオーガニック食材衣類なども増えてきましたし、どなたでも一度はこの言葉を目にしたことがあるでしょう。

「ORIGIN」を語源とする「オーガニック」は、その名の通り根本的・本質的なものを求めるものであり、自然農法有機栽培などによって作られた食材を食べるという「」を中心とした運動です。

さらに最近では、衣食住すべてに関わる概念として用いられており、日本でも「スローライフ」や「ロハス(健康で持続可能な社会を志向するライフスタイル)」「マクロビ」などのブームと共に、すっかり一般的になったといえるでしょう。

食事オーガニックを取り入れたい場合、まず手軽なのは、有機野菜無農薬素材使用のパン・パスタ類を選ぶことです。

また最近ではオーガニックレストランもずいぶん増えてきましたから、ぜひお気に入りの店を探してみてください。


オーガニックコットン

さらに衣類やタオル、寝具などの分野で有名なのが、オーガニックコットンでしょう。
これは3年以上化学農薬不使用の土地で栽培され、その後の紡績や加工も含めた全工程で
農薬や化学薬品を一切使わずに作られたコットンのことです。

綿の収穫には通常、大量の枯葉剤が空中散布されており、自然環境や栽培者に非常に
大きな悪影響を与えています。 さらに紡績の段階でこの枯葉剤の含有率を一定以下まで
下げてはいるものの、完全に落としきれるものではないのです。

赤ちゃんのタオル、また口に入れる頻度の高いぬいぐるみなどに、
安心なオーガニックコットンのものを選びたいと思う母親が増えたのも、
ある意味当然のことではないでしょうか。

特に最近はアトピーなどに悩む人も増えており、肌に直接触れたり
口に入れたりするものに気を使う方は多いでしょう。

無農薬有機栽培のものは、一般のものより多少割高にはなってしまいますが、
安心を買うという意味では決して高すぎるものではありません。


SPONSORED LINK



オーガニック製品は体にも環境にも優しい天然素材

オーガニック製品には、他にも布団・ピロケース・ケット類などの寝具、ローションや乳液などのスキンケア用品、
洗剤
などの生活用品とさまざまなものがあり、いずれも自然食品や自然雑貨の店などで入手可能です。

何でも簡単に手に入るようになった便利さの一方で、アレルギーなど、昔はなかった症状が広がる現代社会。
暮らしの質にこだわって、居心地の良い時間や空間をゆったり楽しむ生活が、今、いちばんの贅沢なのかもしれません。

にも環境にも優しい天然素材は、私たちに安心とやすらぎをもたらしてくれます。
ぜひ皆さんの暮らしにも、手間ひまをかけて作られたオーガニックアイテムを取り入れてみてください。


スポンサードリンク